風俗遊びは難しく考える必要はない/緊張しない風俗テクニック

風俗で遊ぶ時は色々と小難しく考えないのが一番!緊張しない風俗会話テクニックを紹介していきます。

風俗遊びは難しく考える必要はない

風俗に遊びに行くとき、どんな嬢を選べばリードしてもらえるか?相手を気持ちよくできるか?時間はどのくらいいのか?と小難しく色々と考えがちになってしまう。しかしそんなに細かく考えていく必要はないのだ。ここでは色々と考えすぎてしまう人のためへのアドバイスを紹介しよう。

相手が年下でもリードしてくれる

初めて風俗に行くという男性はいろいろリードしてくれるというイメージの強い年上の女性を選びがちだ。本当に年上好きであればそれでも構わないが、本当は年下が好きなのに、もしくは若い子が好きなのにという方であれば年上を選ぶのはお勧めしない。

理由はいくつかあるが、まず挙げられるのが風俗嬢の年齢が若干低く設定されているということがある。

しかも最近のデリヘル店の場合プロフィール写真をぼかす、もしくは加工するということがざらで顔自体分からないことが多々ある。写真通りの女性を想像していたら思ったより年がいっていたというケースもあるためプロフィール+3程度を想像しておいた方がよい。

そしてもう一つあげたいのが、年上女性=リードがうまいという概念である。これははっきり言ってあてにならない。むしろ若い子の方がプレイの幅が広いことが少なくなく、年上をいじめるのがうまい子は非常に多い

もちろん熟女が悪いという訳ではない。彼女らは大人の魅力があり、若い子にはない色気で男性を魅了する。ただここで伝えたいのは「年が上だからリードが巧い、下だから攻められる」ということは全くないということだ。

彼女とするエッチと風俗でするエッチは違う

さて、彼女と初めてエッチするときは緊張して前もって段取りを考えなければいけないということがある。「うまくリードできなかったら嫌われるかもしれない」もしくは「立たなかったらどうしよう(あるいはすぐいってしまったら…)」そんな余計なことまで考えてしまう男性は少なくない。

それと同じで初めての風俗と言ったらいろいろ考えてしまうかもしれない。「これをしたら嫌がられるのではないか」「まったく気持ちよくならなかったらどうしよう」など。しかしこれは考える必要はない。あくまでも相手はプロなのである。こちらがうまくできなくても気持ちよくしてくれるものだ。

ただ得意プレイ、不得意プレイというものはあるから前もってプロフィールを読んでおくことをお勧めする。例えば「パイずりが得意」とあればパイずりをねだればいいし、「スマタが好き」という子であればスマタをお願いするとノリノリでやってくれる。

変に相手を気持ちよくさせてやろうという必要はない。間違っても自分からクンニが巧いとか、必ず潮吹きさせることが出来るなんて言わない方がよい。それを聞くと女の子は心を閉ざして無反応になってしまう

風俗嬢の本音は直接聞いちゃおう!

好きな客、嫌いな客。好きなプレイ、嫌いなプレイ。風俗のことは風俗嬢へ!リアルな現場で働く女の子たちに直接教えてもらおう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

風俗でテクニックを磨きたいなら120分以上がお勧め

風俗で気持ちよくなりたいというのは当たり前の発想だが、「テクニックも磨きたい」という男性も少なからずいる。もちろん初心者であってもテクニックを磨きたいと思うことは悪いことではない。

しかしそういう場合はある程度長い時間を確保することをお勧めする。男性は風俗で気持ちよさを求めているが、風俗嬢はお金を求めている。「気持ちいいに越したことはない」と思う女性もいれば「気持ちよくなくてもいいから早く終わることのみを求める」という子も少なからずいる。

仮に60分のプレイ時間で後者に当たってしまったとしよう。そんな子に対して「どうすれば女性は気持ちよくなるか?」と聞いたところでまともな回答をしてくれない。そもそも60分で自分が気持ちよくなり、さらにテクニックを身に着けようという発想がよくない

やはりお勧めは120分以上だ。自分が気持ちよくなり、レクチャーを受け、実践が出来る。そして二人で盛り上がり二回戦突入。そういうシナリオが出来上がる。

風俗嬢も120分だとしたら実入りも多いからよくなついてくれる。後者のような子でも気分よくいろいろ教えてくれる。そのテクニックを携えるだけで今後の風俗遊び、女性との性行為に緊張しなくて済むのである。

大雑把にどんなプレイがしたいかイメージする

最後にお勧めしたいのはどんなエッチがしたいのかイメージすることだ。もちろん事細かにイメージする必要もないし、どうしたら相手をいかせることができるかなんて大それた考えを持つ必要はない。

ただ女の子から「どういうプレイがしたい?」といった時「お任せします」とか「特に考えていない」と言ったら相手のモチベーションが下がり適当にやればいいかと思われてしまう

全くアイディアが浮かばなかったら「攻めたい」「攻められたい」と大雑把に分けるのもよい。そのあとに「いっぱい舐めるから嫌がってほしい」とか「先生がいじめるように」とか、(上記でも言いましたが年下の先生でも全然かまわない)いう具体例を出すとより理想に近づくことが出来る

風俗嬢が苦手なプレイだったとしても対応力が高い子が多いので「できるかな」と言いつつも気持ちよくしてくれる。