積極的でない風俗嬢に当たったとき/緊張しない風俗テクニック

風俗では自分だけじゃなく風俗嬢にも本気で感じてほしい・・・。そんな演技嫌いの男は「クンニ」で風俗嬢との距離を縮めるべし!

積極的でない風俗嬢に当たったとき

風俗嬢も千差万別。積極的に責めてくれる子もいれば、滅多にいないが驚くほど受け身の子もいたりする。新人ではなくベテラン嬢を選んだり、責め好きとプロフに書いてる子を選ぶなどの対策はあるが、実際に来る子が必ずしもその通りの性格とは限らない。

あってはならないが不機嫌で気が乗っていなさそうなときもあるだろう。積極的でない風俗嬢に当たってしまったとき、客である我々はどう対応すべきなんだろうか?

どうしたの?と聞いてみる

体調が悪そう、仕事のやる気がなさそう、そもそも受け身タイプっぽい・・・と、同じ積極的でない状態でも事情は違うはずだ。

でも積極的にきてくれない原因がわからないうちは、ただやみくもに、ちゃんとやってこれやってと言ってもこちらが悪者のようになってしまう。だから最初にきちんと対面して「どうしたの?」と一言聞いてみよう。

もしかする風俗嬢からすれば「いや仕事が嫌なんだよ」「お前が嫌なんだよ」と内心思っているかもしれないが、どうしたのと聞かれることで客にも伝わってしまうほどやる気がなさそうに見えているんだ!と大体の子なら少しは焦る。

もし体調が悪そうなら店に電話して帰してあげる、やる気がなさそうなら「仕事大変だと思うけど、お願いね。」と声を掛ける、そもそも受け身な女の子だった場合は「積極的に来てほしいな」とお願いしてみよう。

客はこちらだが、客側がこういった優しい言葉を伝えることで風俗嬢も委縮せず素直に言うことを聞きやすくなる。客の優しさは潤滑剤のような役割になるのだ。

してほしいことを伝える

客からも優しく接することが大事、とはいえやはりこちらは金を払っている客だ。してほしいことは我慢せずしてほしいと伝え、やってもらうというのを当たり前にしなければいけない。

いくらやる気がない状態でも、客からコレをしてほしいと伝えられたら基本的には絶対行わないといけない。もちろん基本プレイや客がつけたオプションプレイの範囲内のことに限るが、それをするための料金を支払っているのだから、してもらいたいことはやってもらわないと損だ。

こう言うと客側である自分が少し悲しくなるが、風俗の料金は「我慢代」も含まれていると思う。その店や人としてのルール・マナーの範囲内であれば、キスもフェラも素股も口内発射も、風俗嬢からしないなら客からやってとお願いすることができるし風俗嬢は絶対やらないといけない。

コツとしては、積極的にきてほしいとお願いするよりも「フェラして」「素股したい」としたいことを具体的に伝えると効果的だ。

風俗嬢の本音は直接聞いちゃおう!

好きな客、嫌いな客。好きなプレイ、嫌いなプレイ。風俗のことは風俗嬢へ!リアルな現場で働く女の子たちに直接教えてもらおう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

初心者でも安心の「デリヘル」サイト!

風俗初心者にとって、一番緊張せずに自然体で遊べるのが「デリヘル」!自宅でもよし、ホテルでもよし。まずはどんな女の子がいるのか見にいこう。

デリヘル情報 デリヘル1分間!

客から責めまくる!

風俗嬢から集中的に責めてほしい男は別だが、風俗嬢を責めるのも好きな男であれば、今回は受け身の嬢だと割り切ってとことん責めに転じるのもアリだ。キスにクンニ、手マンにと色々やってしまおう。

実は風俗嬢、自分が受け身になるより責め手に回ったほうが「楽」だそうだ。受け身になると無理矢理Dキスはされるし指入れや手マンで痛くされるしで、心身共にダメージを受けやすいからだ。

だから面倒臭がって動こうとしないタイプの怠け嬢は、客からガンガン責められるとキツイので「私がやりますよ」と手のひら返しで責めに転じてくれるようになる。

もちろん純粋に自分から責めて女の子の喘ぎ声や反応を楽しむ、という意味のほうが大きいが、これならイマイチな風俗嬢に当たってしまったときにもプレイの対処法として使えるはずだ。

あまりにひどい場合は・・・

キスは拒否するし胸を触ろうとしたら嫌がるし、何をしても避けられる。そんなあまりにひどい場合は「店に電話するから」とちょいキレしてもいい。だってこちらは金を払っているし、してはいけないことをしようとしている訳ではないんだから。

クレーマーになりたくない、店と揉めるのは避けたいと思うかもしれないが、店側は案外相談に乗ってくれる。風俗嬢が何もしてくれないなど正当な理由があれば、返金してくれたり次回使えるチケットをくれたりと何かしら対応してくれる。

店に電話する・されるというのは客も面倒だが風俗嬢にとっても面倒なことだ。だから電話すると言われたら「ごめんなさい」と言ってやってくれるようになるだろう。

これもあくまでもあまりにひどい場合の対処法なので使いどころはないと思うが、知っておくと安心でお守り代わりになってくれるだろう。