ピンサロってどんなとこ?/緊張しない風俗テクニック

ピンサロはヘルス、ソープに並んでメジャーな風俗。是非この機会にどういうところか知っておこう。

ピンサロってどんなとこ?

ピンサロは最近数が減ってきたこともあり、あまり利用したことがない人もいるかもしれない。そこで改めて紹介をしていきたいと思う。

ピンサロの基本情報

ピンクサロン、通称ピンサロと言う言葉を聞いたことはないだろうか。今はピンサロ店自体が減ってしまったためあまり目にすることがなくなってしまったかもしれないが、風俗好きには根強いピンサロファン がいて、無くなることはないのではないかと思う。

お店によって多少異なる点はあるが、ピンサロは一般的に2人掛けのソファでピンサロ嬢と横並びになり、フェラで抜いてもらうサービス店のことを言う。メインはフェラだが、イチャイチャしたりピンサロ嬢の胸を舐めたりすることが出来る。

女性は片手を床につき窮屈な態勢でフェラをしてくれるのだが、フェラに特化した店だけあって上手な子が多い。時間で区切っているのだが(20分や30分くらいが一般的)その時間内でいけなければそれまでだし、時間が残っていても一回いってしまったらそれで終了という店も少なくない。

味気ないと言えばそれまでだが、かなりスピーディーで時間がない既婚者や空いた時間でさっと抜いてほしいという人にお勧めだ。

基本ピンサロは店舗型である。一般的に先にお金を払い、ソファに案内される。(個室ではなく、大部屋をパーテーションで区切っている)待っているとピンサロ嬢が来て、軽い会話をしたらプレイ開始である。

デリヘルと違ってどういうプレイを望んでいるかといった会話はなく、いきなり脱いでくださいと言われすぐにフェラを始める店も多い。(中にはイチャイチャしてから開始するところもある

ピンサロ嬢の質について

次にピンサロ嬢について紹介したい。ピンサロ店自体薄利多売(つまり回転率で利益を出している)タイプなので、ものすごくかわいい子というのはあまりいないと思ってもらった方が良い。 (ごく稀に高級ピンサロ店があり、質の高い女の子が集まっている店もある)会話もあまりしないためちょっとむすっとした子も多いが、指名したり、リピーターになったりしたら打ち解けてくれて懐いてくる。

ピンサロ自体「熟女が多い」と思われている事が多いが若い子も多い。しかしデリヘルで採用されなかったからピンサロ嬢をやっているという子も少なくなく、高級店でなければそういった子(デリヘルで採用されなかった子)が結構いると思ってもらってもいいかもしれない。

風俗嬢の本音は直接聞いちゃおう!

好きな客、嫌いな客。好きなプレイ、嫌いなプレイ。風俗のことは風俗嬢へ!リアルな現場で働く女の子たちに直接教えてもらおう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

ピンサロの特徴

ピンサロの特徴は何と言っても回転プレイがあるという事である。デリヘルにもないことはないが、回転と言ったらピンサロが一般的だ。回転とは花びら大回転の略で、複数の女の子から性的サービスを受けることを指す。例えば2回転と言ったら2人の女性からプレイをし、3回転と言ったら3人の女性とプレイをする。

回転数が多ければ多くなるほど一人当たりの持ち時間が減る傾向にあり、短い場合だと10分から15分なんて言うのはざらである。 ちなみに私は昔よく4回転のお店に行っていたが、4人も女の子が来ると2人くらいは質の高い子に当たる。逆を言うと1人、2人はあまり宜しくないとも言える子に当たる確率は非常に高い。

実はこれはお店の裏事情で聞いたのだが、回転の際、女性は男性をイカすことが出来たら何らかのサインを店側に送る。(私のよく行く店は手を高々と上げる。

男性には少なくとも一回はいってもらいたいから、いかなかった人に対して人気のある子を当て、いった人に対しては人気のない子を当てる。そのため4回転をしたとしても全員が全員かわいい子にあたるという確率は低いし、その逆の確率も低い。もちろん店側の判断で人気嬢とそうではない子を線引きしているわけだが、人気嬢は基本的に巧いし、サービスの質が高い。 ピンサロの回転はそういう特徴を持っている。

またピンサロ店は風俗街にまんべんなくあるという訳ではなく、街自体がピンサロに特化しているという形をとっているケースがある。東京で言うと池袋の隣の大塚がピンサロ街だ。今は店自体減ったもののまだまだ多く、ちょっと歩けば10店舗位見つけることが出来るエリアもある。

ピンサロの注意点

最後にピンサロの注意点を紹介したい。ピンサロは回転があるという利点があるが、逆を言うと衛生面が弱い。一回一回消毒をするもののシャワーを浴びたりイソジンでうがいをするわけではない。そのため私は数回淋病にかかった。

しかしここでいくつかの対処法を紹介したい。まず一つはプレイが終わったらすぐトイレに行くこと 。尿を出すことで雑菌を放出する効果があり、病気になるリスクを減らすことが出来る。 また、病院も気を付けて欲しい。性病を秘密裏に解決しますといった病院があり高額請求してくるところもある。もしかしたら既婚者で泌尿器科などへ行くのがまずいと思う人が駆け込んでしまうかもしれないが、少し待ってほしい。

実は泌尿器科へ行かなくても内科で対応できることが多い 。私は初めて淋病になった時になんだか分からず内科に行ったのだが「淋病ですね」と軽く言われ薬を出された。薬を飲み二日で直ったので「こんなもんなの?」と驚かされたという経緯がある。 内科だと奥さんや彼女に何とでもいいわけが効くので頭の片隅にでも入れておいて欲しい。