緊張しない風俗テクニック

風俗に興味がある男は多いはず。でも緊張が怖くて挑戦しないなんてもったいない!今すぐ使える風俗テクニック満載!

緊張しない風俗テクニック サイトマップ

当サイトは風俗関連情報を取り扱っております。18歳未満の方はすみやかにこちらからご退出下さい。

風俗で緊張する原因はこの4つだった!

なぜ男が風俗で緊張しテンパってしまうのか。
これは「日本男児がシャイだからだ」ということで片付けていてはもったいない。緊張しない方法なんてあれば教えてほしい・・・と諦める前に、緊張する原因を知って少しずつ慣れていこう。
そうすれば「何だったんだ?」というくらいあっさりと風俗を楽しめるようになるはずだ。

男が風俗で緊張してしまう主な原因は、

  • 風俗嬢との会話・コミュニケーション
  • プレイ中のテクニック
  • 風俗店・風俗嬢の選び間違い
  • 風俗の流れを分かっていない

の4つが考えられる。
風俗嬢との会話や話題づくりに困らないか?テクニックに自信がないけど大丈夫か?という「風俗嬢との関係」、風俗店・風俗嬢の選び方はこれで合ってる?挨拶したはいいけどこの後何するの?などの「選び方・使い方」。

難しそうでも、フタを開けてみれば単純で簡単なことばかり。分からないことは風俗嬢が教えてくれるし、実はそんなに緊張して挑むことはこれっぽっちもないのだ。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

緊張しない風俗会話テクニック

ここではプレイの満足度にも直結する、風俗嬢とのふたりきりの場を温めるための会話テクニックを紹介する。

会話が広がる、3つのレパートリー

ある程度風俗に行ったことがある人でも緊張する人はかなりいる。その一番の理由は会話が弾まないという事だろう。逆を言えば会話が弾めば場が和み緊張が緩和されるという事だ。

とは言え、初対面の相手と会話を弾ませろというのは結構難しいことなのかもしれない。では、どうすれば上手く会話を広げられるだろうか。

会話ができれば緊張しない

今の若い世代は対面の会話よりも、SNSでのコミュニケーションが多くなっているように思う。そのため、ある程度考えがまとまった状態で思った言葉を出すことに慣れてしまっていて、いざその場で思いついたことを会話しろという事が苦手、という人が増えているのではないか。

しかしお題があればスムーズに話す事ができる場合もあるようだ。また、一度場が和めば今の若い世代の方は喋りやすくなる人も少なくないように思える。そのため、会話の内容などをあらかじめパターン化しておけば緊張することはないだろう。

そして仮に「陰キャ」と言われている人たちでも決められた会話をすればいいだけなのでさほど緊張しなくても大丈夫だと思っている。

会話が広がる、3つのレパートリー をよむ→

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

緊張しない風俗プレイテクニック

風俗で緊張する原因の一つとして、テクニックに自信がないから、という理由がある。しかしテクニックのアリ、ナシで緊張するなんてもったいない。風俗嬢を喜ばせるのではなく、風俗嬢と一緒に楽しめるようなプレイテクニックを紹介する。

風俗嬢に好感を持たれるテクニック

風俗嬢との空気感が微妙になると、緊張してしまいがちだし、結果的に楽しむことが出来ない。今回は、そうならないためにどうやったら風俗嬢に好感を持ってもらえるか解説する。

緊張が呼ぶ負の連鎖

風俗に行ったもののあまり楽しむことができなかった、という経験をしたことがある男性は少なくない。細かい理由はいくつもあるが、大きく分けて女性がタイプではなかったというケースと、女性のサービスに不満があるという二つに分かれることが多い。前者についてはお店のページの店長コメントを読んだり、写メ日記を見たり(プロフィール画像はぼやかしていたり、加工を施していて当てにならなかったりするためこちらを推奨する)、インターネットの掲示板などで検索すると回避できる可能性が高まる。

後者に関しては、客からしたら風俗嬢が悪く見えるだろうが、実際のところ風俗嬢のサービスが不満というのは男性自身に問題があるケースもある。その一番の理由は「清潔感がない」からというものだが、この理由は仔細を話さずとも分かるだろう。

さて、ここで問題になってくるのは、男性が緊張している状態でも女性側はやる気を失いやすいということである。もちろんすべての風俗嬢がそうというわけではないのだが、男性が思っている以上にプロ意識をもって接客している女性は少ないものだ。ましてそういう事を言うと余計へそを曲げる女性ばかりである。

そしてそうやって相手が微妙な印象をお客さんに感じてしまえば、沈黙が流れたり気まずい空気が流れたりして余計緊張してしまう。最終的には「早く終わってくれないか」と思ってしまうようにもなる。そうならないようなテクニックを紹介したいと思う。

風俗嬢に好感を持たれるテクニック をよむ→

失敗しない風俗店・風俗嬢の選び方

基本的に風俗の仕組みや流れというのは、どの業種でもさほど変わったもんじゃない。簡単にいえば予約して対面してプレイ、これだけ。それよりも自分に本当に合う、サービスのいい風俗店・風俗嬢の選び方を知っておくほうが何倍も得で、客側が気を使ったり緊張したりすることもぐっと少なくなる。

失敗しない風俗嬢の引き方について

思っていたのと違う、失敗した。プロフィールをあてにして、裏切られたときの無力感は凄まじい。ではどうすれば風俗嬢選びで失敗せずに遊べるのだろうか。

想像はあてにならない

風俗で遊びに行く際写真を見て選ぶというのは一般的だと思う。しかし今ネット風俗店を調べたとしても顔にぼかしを入れていない風俗嬢はほとんどいない。ぼかしがないとしてもかなり加工がされている。その結果、写真と実物に大きな違いが生まれることがあるのだ。

一方、男性側はぼかしや加工を見てある程度「こういう顔だろう」と言う事を想像する。しかしこれが風俗で失敗してしまう原因の一つである。ぼかしの下の顔を頭の中では美化してしまっているし、加工された顔をある程度鵜呑みにしてしまっていて、写真通りの可愛い子が来るという頭でいるためだ。

さらに自分の想像した女性が来ず、露骨にがっかりしてしまう男性は少なくない。そうなると女性も嫌な気持ちになり、手抜きプレイをされてしまい、結局風俗が面白くないと思ってしまうのである。

想像しない、幻滅しない、失望を態度に出さないというのが風俗を楽しむコツだろう。

ではその対処法について紹介したいと思う。

失敗しない風俗嬢の引き方について をよむ→

風俗は流れを学べば緊張しない!

次は何をされる?何をすればいい?…この慌てっぷりが風俗で緊張してしまう要因だ。風俗は流れをなんとなく頭に入れておけば、本番は復習のような感じで余裕を持って遊べる。会話の話題やテクニックよりも、先に流れを学ぶべし。

セクキャバの流れ

セクキャバは風俗なのかそれとも飲み屋なのか分からない!実際にそう答える男性は意外と多い。

キャバクラ嬢とセックスができる?今回は誤解しがちなセクキャバの定義とシステム、流れを紹介していくのでぜひ最後まで読んでほしい。

キャバクラとセクキャバの相違点

セクキャバはときどき「おっぱぶ」と呼ばれることもあるが、基本的にキャバクラの一種である。つまり風俗店ではなく、アルコールに軽食を楽しむ大人の社交所である飲み屋さんなのだ。

ただし一般的なキャバクラのちょっとした、馴れ馴れしいタッチでは済まない、ダイレクトなお触りが可能になった飲み屋のことをいう。つまりはキャバクラと同じくアルコールを嗜めながら、性的なお触りができてしまうお店である。

キャバクラの接待はセクハラにならない程度にOKだが、セクキャバの場合はセクハラ認定されてしまうようなお触りが可能になってくる。

たとえばキスにおっぱいを揉んだり、膝に乗って抱き合うなど……etc。確かにこれを普通のキャバクラでしてしまったら、怖いお兄さんに連れていかれてしまうな。

セクキャバの流れ をよむ→

みんなの風俗体験談

風俗で緊張しないためには、他の人が風俗をどのように利用しているのかを知ることも大切かもしれません。皆様から寄せられた風俗の体験談をご紹介します。

みんなの風俗体験談05

幼馴染の子がデリヘルで働いてた

[H.N]プロスターター  [年代]20代

小学校から中学までずっと同じ学校の幼馴染の女の子がいるんですが、昔っから自分は彼女の事が好きでした。小さい頃は一緒に登校なんかもして仲が良かったんですが、高校に上がると疎遠に。たまに玄関先で会って挨拶をする程度。

でもその頃くらいから彼女はどんどん綺麗になっていって、恋心を抱くようになっていきました。しかし彼女は高校の頃、地元の不良グループの男性と付き合うようになり、髪型や服装がどんどん派手に。自分は理系の真面目なタイプだったので、挨拶すらもしないようになっていきました。

そして自分が地元の大学に進学したくらいの時に彼女は東京に引越し。ついに告白もできないまま彼女とは一切会えなくなってしまいました。

しかし今年、いい加減女性の身体に興味を持ち始めた自分はデリヘルを使ってみることに。サイトを検索しているとどことなく、その彼女に雰囲気が似ている子がいたので指名。初風俗にドキドキしていると、やってきたのはなんとその幼馴染の彼女でした。

風俗体験談つづき をよむ→