セクキャバの流れ/緊張しない風俗テクニック

調教されたい度級のM男たちのための付属、SMクラブ。一体どのくらいハードなのか、どうすれば楽しめるのか解説していく。

セクキャバの流れ

セクキャバは風俗なのかそれとも飲み屋なのか分からない!実際にそう答える男性は意外と多い。

キャバクラ嬢とセックスができる?今回は誤解しがちなセクキャバの定義とシステム、流れを紹介していくのでぜひ最後まで読んでほしい。

キャバクラとセクキャバの相違点

セクキャバはときどき「おっぱぶ」と呼ばれることもあるが、基本的にキャバクラの一種である。つまり風俗店ではなく、アルコールに軽食を楽しむ大人の社交所である飲み屋さんなのだ。

ただし一般的なキャバクラのちょっとした、馴れ馴れしいタッチでは済まない、ダイレクトなお触りが可能になった飲み屋のことをいう。つまりはキャバクラと同じくアルコールを嗜めながら、性的なお触りができてしまうお店である。

キャバクラの接待はセクハラにならない程度にOKだが、セクキャバの場合はセクハラ認定されてしまうようなお触りが可能になってくる。

たとえばキスにおっぱいを揉んだり、膝に乗って抱き合うなど……etc。確かにこれを普通のキャバクラでしてしまったら、怖いお兄さんに連れていかれてしまうな。

セクキャバの遊び方と流れを解説

セクキャバのルールや遊び方はそれぞれのお店によって異なるが、共通する認識としては、セクシーなお触りがメインであり、お酒はあくまでおまけ程度ということだ。

さて、ここで簡単にサービスの流れを追ってみようと思う。

①女の子と軽く挨拶を交わす。基本的にボックス席で女の子とお客が1対1になる
②いきなりおっぱいを揉むのではなく、まずはスモールトークを楽しむべし。ここでお酒を嗜むと気分があがる
③女の子がお客の上にまたがって密着タイム。たいがい女の子は上半身を脱ぐことになる。ただしどんなことでもOKというわけではなく、下半身へのタッチは通常厳禁だ。なお女の子がお客に跨るときは、ショータイムと呼ばれており、スタッフによるマイクパフォーマンス中に行われる
④途中お酒や会話を挟んだりしながら、時間いっぱいまでお触りを楽しむ

何度もいうがセクキャバはキャバクラと同じ飲み屋形態、つまり風俗営業の第一号もしくは第二号に該当し、性風俗店ではない。

どこまでお触りが可能なのかというルールはお店次第で、ハードなところだとパンティー越しにタッチできるところもある。ただし、風俗店ではないので、女性が男性のモノを触ることはできないぞ。

なお、ピンサロと同じくシャワーはないので、あまりおっぱいをベロンベロンになめてしまうと衛生的にどうなのか……と不安になる男性も多い。ウェットティッシュで軽くふく程度でしかお店の対策は行われていないので、性病罹患の可能性はほぼないものの、神経質な男性には舐め行為は推奨できない

風俗嬢の本音は直接聞いちゃおう!

好きな客、嫌いな客。好きなプレイ、嫌いなプレイ。風俗のことは風俗嬢へ!リアルな現場で働く女の子たちに直接教えてもらおう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

抜けないからこそ楽しめる!?

セクキャバと言いながら、下半身をダイレクトに触れたり、抜きができてしまうようなお店もある。これらはVIPルームなどの個室、半個室を用意しているタイプの違法店であり、特別料金を支払えば過激なハードプレイができるというもの。

普通のセクキャバではその箱上、チップを払っての過激プレイ交渉は難しくなり、スタッフに見つかるとこっぴどく怒られるの注意してほしい。

セクキャバに抜きを求める男性は少なくないが、実際抜きがなくても楽しめるのがセクキャバだ。

要するにいい感じで酔いながら、キャバクラではできないキスやおっぱいタッチができること。これがセクキャバの醍醐味なのだ。

また粘膜部位の接触がないため、性病感染の可能性がないのもセクキャバが人気を博する理由の一つとなる。

オススメできる人はこんなタイプ

セクキャバの雰囲気はピンサロに似ている。まるでクラブのような薄暗い店内にイケイケなクラブミュージック、洋楽が流れており、決して女の子と2人っきりの世界を楽しめる環境とは言えない

そもそも回りには30~50代のエロオヤジばかりに囲まれているオープンスペースなので、イチャイチャプレイをしたい方にはオススメできない

なお、女の子についてはキャバクラのように盛り盛りに髪をアップにした煌びやかな女性は少なく、露出度高めのセクシー系が目立つ。意外とさまざまなコンセプトの衣装で迎えてくれるセクキャバも多いのだが、衣装についてはチープ感を隠せない。

ただし、ピンサロ以上に意外に若くてノリのいい女の子が多いので、ゴージャスなギャル系が好きな方にはオススメだ。

さいごに、セクキャバは生理期間中でも働けるため、デリヘルやソープ嬢も期間限定で働いたりする。男性は生理の辛さを理解していないが、生理中の女性は身体が敏感になり、乳首を触ると痛がることもあるので、その場合は無理にタッチせず紳士的な態度で迎えてあげるべきだ。