風俗嬢に好感を持たれるテクニック/緊張しない風俗テクニック

風俗初心者だからこそ試してほしいマニアックプレイをご紹介します。

風俗嬢に好感を持たれるテクニック

風俗嬢との空気感が微妙になると、緊張してしまいがちだし、結果的に楽しむことが出来ない。今回は、そうならないためにどうやったら風俗嬢に好感を持ってもらえるか解説する。

緊張が呼ぶ負の連鎖

風俗に行ったもののあまり楽しむことができなかった、という経験をしたことがある男性は少なくない。細かい理由はいくつもあるが、大きく分けて女性がタイプではなかったというケースと、女性のサービスに不満があるという二つに分かれることが多い。前者についてはお店のページの店長コメントを読んだり、写メ日記を見たり(プロフィール画像はぼやかしていたり、加工を施していて当てにならなかったりするためこちらを推奨する)、インターネットの掲示板などで検索すると回避できる可能性が高まる。

後者に関しては、客からしたら風俗嬢が悪く見えるだろうが、実際のところ風俗嬢のサービスが不満というのは男性自身に問題があるケースもある。その一番の理由は「清潔感がない」からというものだが、この理由は仔細を話さずとも分かるだろう。

さて、ここで問題になってくるのは、男性が緊張している状態でも女性側はやる気を失いやすいということである。もちろんすべての風俗嬢がそうというわけではないのだが、男性が思っている以上にプロ意識をもって接客している女性は少ないものだ。ましてそういう事を言うと余計へそを曲げる女性ばかりである。

そしてそうやって相手が微妙な印象をお客さんに感じてしまえば、沈黙が流れたり気まずい空気が流れたりして余計緊張してしまう。最終的には「早く終わってくれないか」と思ってしまうようにもなる。そうならないようなテクニックを紹介したいと思う。

伝えづらい事こそはっきり言おう

風俗に限ったことではないが「伝えづらいことこそ、はっきり言う」のは自分の立場を確保する上で効果的だ。例えば相手に苦手意識を持ってしまったら委縮して声が小さくなってしまうし、それにより余計緊張してしまう。もしこれが風俗であれば相手に対して「適当でいいや」と思わせてしまう場合もあるのだ。

では伝えづらいこととは何に当たるかであるが、一つは何をしたいかであり、もう一つはどうイキたいかである。

特に「何をしたいか」と言うのが明確であれば「お兄さんそういうプレイが好きなんですね」と言う感じで会話が生まれる。会話が生まれれば緊張もほぐれ楽しい時間を過ごすことができるだろう。

風俗嬢の本音は直接聞いちゃおう!

好きな客、嫌いな客。好きなプレイ、嫌いなプレイ。風俗のことは風俗嬢へ!リアルな現場で働く女の子たちに直接教えてもらおう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

相手の好きなプレイをしてもらう

相手が一生懸命サービスをしてくれれば緊張の度合いが減る。ではどうやって相手に手厚いサービスをしてもらえるのかと言うと、「相手の得意なプレイ、好きなプレイをやってもらう」ということで、かなりお勧めできる。

多くの風俗店のホームページでは、プロフィールに特技や好きなプレイなどが書いてある。分かりやすい例を挙げると胸の大きい子がパイズリと書いていたり、体位を書いていたりする子もいれば、フェラやディープキスと書く子もいる。中にはオナ見せや亀頭攻めなど結構ディープな特技を記載している子もいるだろう。必ずしも特技と書いてあるからと言って巧いという訳ではないのだが、少なくともそれらは嫌いなプレイではない。

つまり、それらを「して」と言えば嫌な顔をされることはない。そこで話が弾むこともあるし、「気持ちいい」とか「巧い」と言えば相手に好感を持たれ場が和む可能性は大である。

喘いでみよう

最後にお勧めしたいテクニックが喘ぐという行為だ。もしかしたら「喘ぐ」と言う事を恥ずかしく思うかもしれない。しかし逆を言うと「恥ずかしいけど我慢できないほど気持ちいい」と言うのが相手に伝わる。男性ほどではないが女性も「相手を感じさせる」ことで喜びを感じる傾向にある。

我慢せずに喘ぐことでその欲求が満たされるので相手はもっと喘がせようとする。すると自然にプレイは盛り上がり緊張なんてしている暇はないだろう。多くの場合一回イかせたら終わり(店によって違うが)と考える中、「こんなに喘いでいるならもう一回イかせちゃえ」と思う子も現れる。二回目イかせてと言うより先に相手が「まだイケるよね」と言うのは正に嬉しい悲鳴と言えるだろう。

喘ぐことで相手に対し好感を持たれることもあるのでお勧めである。