まずライトな風俗から挑戦してみよう/緊張しない風俗テクニック

遊びたい風俗が決まっているならいいが、もし決まっていないならライトな風俗から始めてみよう。ところでライトな風俗とは?

風俗嬢の本音は直接聞いちゃおう!

好きな客、嫌いな客。好きなプレイ、嫌いなプレイ。風俗のことは風俗嬢へ!リアルな現場で働く女の子たちに直接教えてもらおう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

初心者でも安心の「デリヘル」サイト!

風俗初心者にとって、一番緊張せずに自然体で遊べるのが「デリヘル」!自宅でもよし、ホテルでもよし。まずはどんな女の子がいるのか見にいこう。

デリヘル1分間!

まずライトな風俗から挑戦してみよう

風俗は緊張して失敗しそう…と怖がっていては始まらない。まずは自分があまり努力しなくていい、ライトな風俗から挑戦してみよう。そうすれば女の子との接し方や大体のプレイの流れが学べるはずだ。

ライトな風俗ってなんぞ

風俗には大きく分けて3段階ある。一つ目は性感マッサージ、オナクラなど手で刺激することの多いジャンル、二つ目はデリヘルやファッションヘルスなどの前戯全般を楽しむジャンル、そして三つ目はソープランドやデートクラブ(はちょっと違うか?)などの男女の交わりを楽しめるジャンルだ。

ライトな風俗とは、比較的風俗嬢との肌の接触が少ないもののことだ。要するに一つ目のマッサージ系、オナクラになる。こちらから何かすることは少なく、射精させてもらう感じだから初めてでも簡単だ。

ここで風俗店とは?風俗嬢とは?をうっすら学び、それからデリヘルなどのヘルス系に移るのがオススメだ。ライトな風俗は本当に構えず、極端な話行ったら何かしてくれるだろう、程度の気持ちで遊びに行けば良い。

ヘルス系に移行するときが一番変化も大きく緊張しやすいが、いきなりヘルスで戸惑うよりは余裕ができると思う。

ライトな風俗って満足できる?

風俗の勉強としてライトな風俗を勧めてはいるが、中には「別にサービスはライトじゃなくて良いんだよ!」という男もいるだろう。確かにマッサージを受けたいわけじゃなく、オナニーを手伝ってほしいわけではない、なんて場合もあるはずだ。

ただ、最初にライトな風俗を押すのにはちゃんと理由があって、最初から刺激の強いところで慣れてしまうと下へは戻って来れなくなるのだ。単に風俗の勉強として無理矢理勧めているわけではなく、マッサージやオナクラはめちゃくちゃ気持ちいいし楽しいし癒される。

ヘルスだと負担に感じる女の子も多く在籍しているから、とんでもなく可愛い子も多いしそんな女の子に薄暗い部屋で手コキされるなんて思い出しただけで昇天してしまいそうだ。今や回数だけは玄人レベルの管理人でも3回に1度はライトな風俗に世話になっている。

ライトに慣れたらヘルスデビュー

個人によって想像している理想の風俗像は違うと思うが、例えばヘルスに興味がある男だとしたら、可愛い女の子と抱き合ってキスしておっぱい舐めて〜とか、そういう想像をしているのではないだろうか。

ライトな風俗は最も女の子に触れられる時間が少なく、その代わりに寝転がっているだけ座っているだけでOK。慣れていないときは楽で助かるのだが、こなれてくるとソフトな感触に物足りなさを感じてくる。そうなったら早めにヘルスデビューしてみよう。

自分の興味がある風俗への転向は、早ければ早いほど良い。そうすれば早くヘルスの女の子に慣れることができるし、気に入った嬢がいれば指名して仲良くなることだってできる

どの時代もいいヘルス嬢がいるものだから早く早くとシビアになりすぎる必要はないが、ヘルスが盛り上がっているうちにおいしい思いをしておきたいものだ。